自分で作れるの??安眠枕の作り方を紹介

「しっかり睡眠をとってるつもりなんだけど、何だか疲れが取れなくて困っています」とか「夜中のちょこちょこ目が覚めてしまい、朝を迎えても、あまり寝た気がしません」とか…睡眠に関するお悩みを抱えていらっしゃる方はとても多いようです。そこで、あなたを理想的な眠りへと導いてくれる安眠枕を利用してはいかがでしょうか。

「安眠枕って高いんでしょ?」という疑問や不安もあるかと思います。もちろん、体の骨格のバランスに合わせて作る必要があるため、ある人が使った安眠枕では、眠りへの効果がはっきり現れても、それを自分自身で使ってみうと、意外と寝心地が悪かったりもするのです。そのため自分にあった安眠枕をオーダーメイドすることが必要になってくる場合も多いといえます。そうなると、やはり高価になってしまいますよね。

そんなときは自分で安眠枕を作ってみてはいかがでしょうか。実はご自宅にある座布団を上手く利用することで、あなたにピッタリの安眠枕を作ることが可能です。座布団の明日に折りたたんだバスタオルを敷きます。そのとき、1枚敷いては、実際に仰向けで寝てみて高さが自分にあっているかを判断します。例えば、喉に圧迫感を感じるかどうかという観点でチェックしてみましょう。次に、横を向いて寝てみたときに、首から腰までのラインがまっすぐになっているかを確認します。このとき、喉に圧迫感を感じたり、首から腰のラインが曲がっていると感じた場合は、座布団の下に敷くバスタオルを1枚減らしながら、調整するといいでしょう。

このように、安眠枕といえば高級なイメージがありますが、自宅でも簡単に作ることが出来るのです。まずは、先に紹介した方法で安眠枕の効果を試してみてはいかがでしょうか。


どの体勢でも安眠できる枕

安眠枕 【安眠枕でぐっすり深い眠りに】

横・うつぶせ・仰向けなどいろんな寝方をしてもしっかりと深い眠りに導いてくれる安眠枕!頭部を冷やす冷却材もしっかり入っていて枕への熱のこもりによる不眠も解消してくれる。オリンピック選手も愛用している本格的な安眠専用の枕です。

⇒詳細はコチラから

このページの先頭へ